生きるために働く人と、働くために生きる人(2)

生きるために働く人がいる一方で、働くために生きている人もいます。あるべき生き方・人生とは何なのか?なぜ、人生の大部分を仕事が占めていたらいけないのか…?

記事を読む

生きるために働く人と、働くために生きる人(1)

人は生きるために働くのか、働くために生きるのか?…働くことと生きることは切っても切れません。でも、そのバランスが崩れて、働きすぎている人がたくさんいるような気がします。生きるために働くとはどういうことなのか…

記事を読む

課題の分離は難しい ―子どもとトイレ―

「嫌われる勇気」に出てくる重要なキーワード、課題の分離。これができるようになると、人生はずいぶんとシンプルな姿になるらしい。大事なのは、自分の課題と他者の課題に切り分けること。でも、これがなかなか難しい。というのは…

記事を読む

在宅ワークのすゝめ ―通勤時間と機会費用―

子育てを頑張っている親は、常に時間に追われています。削れる時間なんてそうありません。だったら、通勤時間を削ってみませんか?それが私の主張です。では、通勤時間を削るメリットとは?どうしたら通勤時間を削れるのか?…

記事を読む

通勤時間ってもったいなくない? ―通勤時間と機会費用―

私たちは、通勤によって毎年約¥250,000を失っている!…通勤というのは、多くの人にとってストレスを伴うものです。満員電車に詰め込まれたり、渋滞に巻き込まれたり…。これがなぜ¥250,000の損失に繋がるのかというと…

記事を読む

子どもに怒りそうになったら ―イライラを鎮める3つの方法―

「子育て」と「怒ること」とは、切っても切れない関係があります。子育ての中で怒るのは仕方のないこと。でも、誰しも好き好んで子どもに怒るわけではありません。では、子どもに怒らないようにするには、どうすればいいのか…?

記事を読む

私は家族の役に立っている ―他者貢献という考え方―

人が幸福を感じるとき、それは「私は誰かの役に立っている」と感じられる時である。「嫌われる勇気」にはこう書いてあります。誰からも感謝されない上にとても大変な子育ての中で、どうすれば幸せを感じられるのか?私の答えは、…貢献感です。

記事を読む

モーレツ社員がイクメンに変身!その理由は…(3)

ビンボーパパがモーレツ社員からイクメンへといかに変身したのか、今回は三部作の第三弾です。わが家に待望の二人目が誕生しました。私は育休を取り、初めて子育てに専念しました。そこで感じたのは、母は大変…ということ。

記事を読む

イライラしない子育てをする方法 ―課題の分離という考え方―

イライラしない子育てをするために必要な考え方の一つが、課題の分離。課題の分離ができれば、目の前の景色が少しシンプルになります。ビンボーパパは、この課題の分離を子育ての中で実践してみました。課題の分離とは…

記事を読む

人は怒りを捏造する!? ―目的論と原因論―

「人は怒りに駆られて大声を出すのではない、大声を出すために怒るのである。」これは、ビンボーパパが衝撃を受けた「目的論」という考え方です。「目的論」とは何か?なぜ「目的論」という考え方を理解しなければならないのか?…

記事を読む

Sponsored Links
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)