家計簿が続かないあなたに家計簿アプリという選択肢を―マネーフォワードME―

家計簿をつけたいのに、なかなか続かないそこのあなたへ。今回は、家計簿をつけたいのに続かない、そんなあなたに家計簿アプリという選択肢をご紹介します。

Sponsored Links
Simplicityのレクタングル広告(大)

そもそも、家計簿をつける意味ってなに?

そもそも、家計簿をつける意味ってなんなんでしょう…?「何のために家計簿つけとんか分からん」って人、いますよね。私もそうでしたけど…。

お金の出入りを知るため

答えはズバリ、「お金が月にいくら入ってくるのか、そしていくら出ていくのか」を知るため、です。

だから、月のお金の出入りがなんとなくでもわかっていれば、それでもうOKなんですね。例えば、「月の手取りは20万円、月の出費はなんやかんやでだいたい15万円。残りが貯金で5万円。」…これ、もう完璧ですね。はい、終了ー!って感じです笑。月の収入は分かってるし、支出も分かってるし、おまけに5万円も貯金できてるし。もう、家計簿の出る幕はないといっていいでしょう。まあ、ここから家計簿をつけ始めれば、もっと出費が絞れるとは思いますが、少なくとも、家計簿をつけなければならないっていう状況ではありません。

でも、たぶん、この記事を読んでる人の多くにとっては次のような感じではないでしょうか?「月の手取りは20万円。月の出費は…ようわからん。貯金は…たぶん、できてない。」

お金の出入りを教えてくれるのが家計簿

そんなあなたに、家計簿がいい仕事をしてくれます。お金がいくら入ってきて、いくら出て行っているのかを具体的に教えてくれるんですね。「あなたの今月の手取りは20万円でした。家賃は6万円、食費は5万円、日用品は1万円、スマホとネットで5千円、光熱費は1万円、医療費は1万円、保険で5千円、洋服代が2万円、趣味が2万円、ガソリン代やらで1万円。収支は差し引き0で貯金はなし、でしたよー」みたいな感じで。

ここからが大事なところです。こんな感じで家計簿を3か月くらい続けていたある日、家計簿をじーっと見ていると、家計簿から声なき声が聞こえてきます。「あんた、毎月洋服代と趣味で合わせて4万円つこうとるけど、これ、ちと高いんちゃうん?あんた金ないんやけ、洋服と趣味合わせてせめて月1万円くらいにしーや。それに食費やけど、外食をもちいと減らせば、たぶん月4万にできる思うで。そうすりゃ、月に4万円は貯金できるやん。どない?」

要するに何が言いたいんかというと、3か月くらい家計簿をつけてたら、お金の使い方について何か気づくことがありますよー、ってことですね。「洋服代と趣味で4万円は高いなー」とか、「食費やけど、意外と外食多いな。外食減らせば4万でいけるかなー?」みたいな感じで。別に、家計簿が自ら語りかけるわけではないし、家計簿は関西弁をよく使うわけでもございません。あくまでもたとえ話ですので笑。

そうすれば、次からお金の使い方に気をつけるようになります。「洋服代減らしたいけ、お店で新品買うのやめて、次からメルカリで買おー」とか、「休みの日にマック行くの、ちょっとやめよ」とか、「貯金ゼロってのはちょっと衝撃。現実的なところで、とりあえず月1万円貯金しよ。そのために、趣味のお金を1万円減らそ。」とか、「ローンを組む時、月に4万円払うとして、どこを減らせば4万円浮くのか」とか…。そんな感じでお金の使い方に気を付けていると、出ていくお金が少しずつ減っていって、残るお金が増えていく。ここまできて、はじめて家計簿が役に立つというものです。

ここまでのまとめ

まとめると、家計簿をつける意味は、「お金が月にいくら入ってくるのか、そしていくら出ていくのか」を知るため。

これがなんとなく分かっている人なら、別に家計簿はいらない。もしも「お金が月にいくら入ってくるのか、そしていくら出ていくのか」がよくわからないのなら、家計簿をつけてみるのがおすすめ。家計簿をつけていけば、「お金を使いすぎているところ」「無駄な買い物」がわかるようになるから、「どこにどうお金を使えばいいのか」「ここに使うお金をいくらからいくらまで減らせばいいのか」がわかる。そうすれば、出ていくお金を少しずつ減らすことができるようになる。そうすれば、将来のお金が増えるようになる。だから、家計簿をつける目的は、将来のお金を増やすため。家計簿をつけるのは、あくまでも将来のお金を増やすための手段。こんな感じでとらえると分かりやすいかと。

家計簿が続かない原因ってなに?

家計簿をつける意味とか、目的は分かったとはいえ、「家計簿がつけられない、続かない」という人は、私も含めてたーくさんいることと存じます。なぜ家計簿がつけられないのか、続かないのか?その答えはズバリ一つ、家計簿をつけるのが非常に手間だから、面倒くさすぎるから、ですね笑。私レベルになると、もう大変です。「そもそも、紙に何も書きたくない」「PCを立ち上げてエクセルに入力、すらめんどくさい」こんな感じなんですね、私の場合は。

紙の家計簿をつけるのは、本当に大変です…


だから、この記事では「シンプルでおしゃれな家計簿を」でもなく、「エクセルで簡単に入力を」でもなく、スマホで完結する「家計簿アプリ」という方法を紹介します。

家計簿が続かないあなたに家計簿アプリ「マネーフォワード」という選択肢を

そもそも、どんな家計簿アプリを選べばいいの?

家計簿アプリといっても、探せば星の数ほどありますから、どのアプリを選べばいいのか分からなくなってしまいます。ここでは、私のような超絶めんどくさがり人間が、家計簿をつける手間を究極的に減らそうと思ったとき、いったいどんな基準でアプリを選べばいいのか、を説明します。

家計簿をつける手間を極限まで減らして家計簿を自動化するためには、家計簿アプリには、次にあげる機能が必要不可欠です。

家計簿自動化機能:銀行口座、クレジットカード、電子マネーなど、各金融サービスとの連携機能

家計簿自動化に必要不可欠なのが、銀行口座、クレジットカード、電子マネーなど、各金融サービスとの連携機能です。

これはどんな機能かというと、例えば、自分が使っている銀行口座とかクレジットカードとかをアプリと「連携」させておけば、「○○銀行に○○円の入金がありました」とか「○○カードから○○円の利用がありました」とか、お金が動いたことすべてを自動的に記録してくれる機能なのです!

つまり、この金融サービスとの連携機能をフルに使いこなせば、もはや、アプリが勝手に家計簿をつけてくれるようになるのです!わお!!この機能は家計簿自動化のための肝ですね。

手間激減機能:レシートの読み取り機能

もうひとつ、家計簿の手間を激減してくれるのが、レシート読み取り機能です。

レシート読み取り機能とは、カメラで撮影したレシートの内容を自動的に家計簿に記録してくれる機能です。これがあれば、家計簿をつける手間が激減すること必至ですよ。正直、金融機関との連携機能がしっかりしているアプリだと、レシート読み取り機能が勝手についてきます。ですが、その逆はありません。レシート読み取り機能が充実してても、金融機関との連携機能がしっかりしてるとは限らないわけです。レシート読み取り機能はなんかインパクトがあって画期的ですが、ここんところは要注意です。

選択肢は4つの家計簿アプリ

ここまでをまとめると、家計簿自動化のキーとなるのが、銀行口座、クレジットカード、電子マネーなど、各金融サービスとの連携機能です。この機能が充実している家計簿アプリは、正直、片手で数えるほどしかありません。

具体的には、「マネーフォワード(Money Foward)」「マネーツリー(Moneytree)」「Zaim(ザイム)」「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」このあたりですね。

家計簿をつける手間を究極的に減らしたいあなたには、この4つのアプリのいずれかをおすすめします。事実、「家計簿アプリ 比較」とか「家計簿アプリ おすすめ」とかのキーワードで検索すると、いろんなサイトの「家計簿アプリおすすめランキング」的なやつが出てきますが、だいたいはこの4つのアプリが上位を独占しています。これらのアプリになると、金融サービスとの連携機能も、レシート読み取り機能も、見やすさ・操作のしやすさも、どれをとってもまあほぼ完成されています。あとは好みの問題とか、それぞれの機能の微妙な違いとか、そのあたりで比較することになろうかと。ちなみに、もっとも多くの金融サービスと連携ができるのは、「マネーフォワード」です。だから、「金融サービスとアプリとの連携が、家計簿自動化のために一番大事」という文脈から言えば、「マネーフォワード」が最適な選択かもしれません。

最強の時短家計簿術は、家計簿アプリ「マネーフォワード」&ALLカード払い


ここからは、家計簿アプリをどのように使えば、家計簿をつける手間を極限まで減らすことができるのか、このへんを紹介したいと思います。つまり、私が考える時短家計簿術、ですね。私の場合は家計簿アプリ「マネーフォワード」を使っているので、「マネーフォワード」を例に出しながら時短家計簿術を説明していきますが、基本的な機能や使い方については、「マネーツリー」も「Zaim」も「Dr.Wallet」もだいたい同じではないかと思います。

マネーフォワードとは

「マネーフォワード」とは、株式会社マネーフォワード(2012年設立)が運営する家計簿アプリ「マネーフォワード」(正確には「マネーフォワードME」らしい)のことです。

とりあえず、使っている金融サービスとアプリを連携

「マネーフォワード」をダウンロードしたら、とりあえず、ふだん使っている銀行口座とかクレジットカードとか電子マネーとかをすべてアプリと連携させちゃいましょう。

私の場合は、銀行口座が三つ、クレジットカードが二つ、証券口座が一つ、ポイントカードが一つ、全部で7つのサービスを連携させています。なんとなくですが、たぶんこれ、使っているサービスの数としては少ないほうではないかと。

金融サービスがアプリと連携されると、銀行口座の残高とか、クレジットカードの利用金額とかがリアルタイムでアプリに反映されるようになります。これでもう、家計簿自動化は半分くらい終わってますね笑。

ちなみに、アプリにはTouchIDを設定できるようになっているので(私はiOS版を使ってますが、Android版でもたぶん設定できるんじゃないかなー…)、アプリを入れたらとりあえずTouchIDを設定しておくことをおすすめします。セキュリティ上。

連携するときのセキュリティ

金融サービスをアプリと連携させるときは、銀行口座の場合は店番、口座番号、氏名、生年月日、暗証番号などの情報を入力することになります。クレジットカードの場合は、クレジットカードの利用明細を確認するときに必要なログインIDとログインパスワードを入力することになると思います。

これ、ネットバンキングとかネットショッピングをしたことがない人にとっては、「そんな大切な情報を入力するなんて…」と不安になることと思います。不安になる方は、「マネーフォワード」のFAQをご覧になって確認するか、もしくは「マネーフォワード 安全性」なんかで検索することをお勧めしますよ。

「マネーフォワード」のセキュリティについて私がどう考えているのかというと、まあ、セキュリティについて私はたいして詳しくないのですが、SSLを用いた暗号化や、二段階認証、大手金融機関も出資しているということなどから、まあ、金融機関と同じセキュリティをとっているんだろう…と考えています。とはいえ、ゼロリスクはありえませんから、完全に安全とは言えませんが。でもそれを言い出すと、SNSもネットバンキングもネットショッピングもリスクがあるわけで、ある程度は信用して使わないと、何もできなくなりますよー、なんて考えながら、「マネーフォワード」を使っていますよ。

家計簿アプリの危険性とは?銀行口座・クレジットカードの連携リスクを解説 | ページ 3 / 4
家計簿アプリというと、自分で入力したデータを集計してくれるものというイメージがあるかと思います。 しかし、最近の家計簿アプリは、銀行口座やクレジットカード会社、各種ポイントカードと連携することで集計処理を自動で行なってくれるなど、非常に優れたアプリに進化しています。
家計簿アプリの危険性を理解して正しく使おう!セキュリティ堅固アプリも紹介! | あなたは家計簿どうしてますか? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
アプリの危険性について考えたことはありますか。多くのサービスではセキュリティ対策が施されていますが、間違った使い方をすると瞬く間に個人情報は漏洩してしまいます。家計簿アプリの危険性や個人情報を守る方法、おすすめアプリについて紹介します。

決済は基本的にクレジットカードで

金融サービスとアプリが連携されると、銀行口座からの引き落としやクレジットカードの利用があるたびに、入出金ページに自動的に記録されていきます。これぞ、家計簿自動化!!ところが、現金で決済された場合は、勝手にアプリに記録されません。まあ当然ですが。この場合は、レシート読み取り機能を使うか、手打ちするかして、アプリに記録することになります。

いやしかし、最小限の労力で家計簿をつけようとする人間にとっては、この画期的なレシート読み取り機能さえ手間!手間!!手間!!!

そこで目指すべきは、ALLカード払い!

すべての決済をクレジットカードでおこなうことで、レシート読み取りも手打ちもすることなく、決済が勝手にアプリに記録されていき、勝手に家計簿ができあがるわけです。

ちゃんと連携していれば、口座引き落としもカード利用も、自動で記録されます。


ALLクレジットカード決済が目標ですから、どうせなら、還元率の高いクレジットカードを作りましょう。私の場合は、家賃、食費、日用品、水道以外の光熱費、医療保険、通信費、ガソリン代…あたりをカード決済にしています。金額ベースで、月の出費の約6~7割くらいでしょうか(そう簡単にALLカード払い!とはいかないのです)?月の出費が20万円だとすると、12~14万円をカード決済にしている計算ですね。私は高還元率カードの代表格、楽天カードをメインに使ってますが、楽天カードのポイント還元率は基本的に1%。なので、毎月12~14万円をカード決済にしていると、1200円~1400円分の楽天ポイントが毎月勝手にもらえることになりますね。これはめちゃくちゃお得ー!!!

楽天カード以外にも高還元率カードはいろいろあるので、とりあえず「クレジットカード 高還元」で検索してみましょう!

クレジットカードがダメならPayPayで


次に、クレジットカードが使えない場合はどうやって決済するか?

大手スーパーとかコンビニならいざ知らず、地場のちっちゃなスーパーとか、個人商店とか、カード払いは厳しいですよね…。

そこで登場するのがPayPay

2019年あたりで急速に勢力を拡大してきた、キャッシュレス決済の代名詞的存在ですね(言い過ぎか…)。私の肌感覚でも、いろんなお店で「PayPay使えます」の赤いPOPを見るようになりました。

そして最近感じているのが、クレジットカードは使えないけれど、PayPayは使える、というお店が増えてきていること。100均(最近はもはや「100均」ではない)のダイソーとか、町の小さなケーキ屋さんとか、プレハブの倉庫でやってるリサイクルショップとか、とにかく、最近になってPayPayが使えるようになったお店は多いです。私が住んでるような田舎だけの現象かもしれませんが…。

そんな感じで、クレジットカードは使えないけれどPaypayは使えるというお店では、PayPayを使いましょう。PayPayは銀行口座などからチャージして使うことができるし、クレジットカードから支払うこともできますよ。口座からチャージして支払うにしても、クレカから支払うにしても、いずれにしても、PayPayに紐づいている銀行口座とかクレジットカードがアプリと連携されていれば、PayPayで決済するたびに自動で家計簿がつけられていきますよ。

私は、Yahoo!JAPANカードから決済しています。

PayPayもダメなら現金で

しかし、世の中にはクレジットカードもPayPayも受け付けてくれないお店があります。

いやー、困ったものです。どうしましょ…。そんなときには、ええい、仕方がない、現金を使うしかありません。めんどくさいから本当は使いたくないけれど。現金で決済したら、忘れないうちにレシートを読み取りましょう。ただ、現金しか受け付けてくれないお店はそう多くはありませんから、そこは安心してください。

現金しか受け付けてくれないのは、近所の病院と、あそこの病院と、joyfullと、向こうの病院と、あっちの病児保育と…。病院が多いですね、困りますねー。なんで病院は現金しか受け付けてくれないんでしょう…。誰か教えてください笑。おまけに、病院の領収書は、私の経験上、「マネーフォワード」のレシート読み取り機能でも読み取ってくれませんでした。何度やってもダメでした。まあ、かなり特殊ですからね、あれ。ということで、病院に行った日にゃ、おとなしく現金で払って、出費は手入力、という流れになろうかと。悪しからず。

つまり、クレジットカードもPaypayも使えない場合は、仕方なく現金で払いましょう。ということです。っていうか、これからは、支払い方法がたくさんあってより便利はお店にだんだん乗り換えていく、っていうやり方がいいと思いますよ。

家計簿アプリ「マネーフォワード」&カード払いにしたら、いいことたくさん

ここまで、「マネーフォワード」を使って家計簿を自動化する方法を紹介してきました。おさらいすると、

①使っている金融サービス(銀行口座・クレカ等)とアプリを連携
②決済は基本的にクレジットカードでおこなう
③クレジットカードがダメならPayPayで決済
④PayPayもだめなら現金で決済

これをやってしまうと、もう、家計簿自動化はほぼ完成です!ここからは、家計簿自動化ができるとどんないいことがあるのか、私なりの感想を書こうと思います。

家計簿にかける労力激減

これは私の感覚ですが、紙の家計簿にかける労力を100とすると、「マネーフォワード」&カード払いに変更することで、労力が5くらいまで減っているはず!!5の労力の内訳はというと、

①決済情報のカテゴリー設定、変更
②現金で決済した時のレシート読み取りor手入力

くらいだと思われます。わお!!しかも、この作業はスマホだけでできちゃいます。わざわざ家で家計簿を広げる必要はなく、仕事の休憩時間とか、車を運転中の赤信号の待ち時間とか(あんまりお勧めはしません…)、そんな時間でできちゃう作業なのです。これは、一回ハマると抜けられません。

記帳して残高確認する必要なし

銀行口座とかクレジットカードとかの金融サービスをアプリと連携させると、口座の残高とかクレカの利用金額なんかがリアルタイムでわかるようになります。

こうなると不要になるのが、わざわざATMに行って、記帳して残高確認するという行為

これ、けっこう手間でして、ATMがちょっと遠くにしかなかったり、使っている銀行のATMがこっちとあっちで離れ離れになってたり…と、なかなか不便なことが多い儀式ですね。私の場合は、仕事からの帰り道に「ちょっと寄り道」レベルで立ち寄れるところにATMがあったので、めちゃくちゃ不便というわけでもなかったんですが、そんな手間すら惜しむ私ですから、これは非常に助かっておりますよ。

現金を引き出す必要なし

ほぼすべての決済をクレジットカードでおこなうんですから、現金を使うことが少なくなります。そうすれば、現金を引き出す必要もなくなります。

まあ当然ですね。これも記帳と同じで、なかなかの手間なのです。ただ、給料の振込口座とクレジットカード代の引き落とし口座が同じ場合は確かにそうなんですが、これが別々の場合は、従来と変わらず、毎月定期的にお金を口座から口座に移動させるという手間がかかりますね。まあ、その場合は、自動送金という方法を検討してもよいかと思いますが。

節約の道筋がとっても簡単にわかる

「マネーフォワード」は、支出の内訳とか推移とかがとっても見やすく設計されています。円グラフとか棒グラフとかがあって、直感的にわかりやすいように表現されているんですね。また、「食費」とか「交際費」とか、支出のカテゴリーごとに金額の推移を確認することができるので、「どこに使うお金をどう減らすか」を考える手助けをしてくれます。

9月から12月にかけて、食費を16,000円ほど減らすことができました。


上のグラフは食費の推移ですが、私は「マネーフォワード」を始めた9月から12月にかけて、食費を約58,000円から42,000円まで、16,000円ほど減らすことができました。どうやって減らしていったかというと、まずは「食費高いなー」という感覚。次に食費の内訳を見てみたらわかったこと、「意外に外食多いなー」という事実。そこから、ちょっとずつ外食を減らしてみた、という行動。本当は40,000円を切りたかったんですが、それは次の月に回すことにして、「まあ、これくらいならよしとしよう。」って感じですかねー。

この食費の推移のデータはすべて、アプリが勝手にグラフにして、勝手に見やすいようにまとめてくれているので、私は何もすることなく、ただ、鼻くそほじりながら(汚っ)眺めて、考えるだけなのです!これぞ、時短家計簿術の真骨頂といっていいでしょう。これなら、家計簿が続かない人でもいけると思いませんか?

正直、「マネーフォワード」は無料版で十分

マネーフォワードは基本的に無料で十分使うことができますが、一部機能については有料にしないと使えないようになっています。ここからは、有料版と無料版との違いについてざっくり説明しようと思います。

…ですが、感覚的に7割くらいの人にとっては、無料版で十分すぎるのではないかと私は思っているので、とりあえず、私は無料版をお勧めしておきます。

有料版の料金

有料版は、月額500円(App Store経由だと480円)、年額5300円(月額442円相当)
初めて申し込んだ人には、30日間の無料お試しサービスあり

これからいろいろ説明しますが、先に結論を言えば、だいたいの人にとっては500円払って有料版にする価値はありません。

連携できる金融サービスの数

無料版では10件までしか金融サービスとの連携ができませんが、有料版では無制限に連携させることができます。

例えば、私の場合は、「銀行口座3件、証券口座1件、クレジットカード2件、ポイントカード1件」の計7件なので、無料版でも全く問題ありません。が、これがもしも「銀行口座4件、証券口座2件、クレジットカード5件、電子マネー1件を連携させたーい!」場合は、有料版にしてすべてのサービスを連携させるか、もしくは無料版のままで10件に厳選して連携するか、天秤にかけることになりますね。正直、私のような庶民レベルだと10件もありゃ十分かと…。

連携サービスの自動更新頻度

金融サービスをアプリと連携させると、アプリが定期的に更新をかけてくれるようになります。そのおかげで、リアルタイムに口座残高やカード利用金額がわかるわけです!

この自動更新の頻度が、無料版に比べて有料版のほうが高くなっている、らしいのです。ただ、例えば「無料版では一日一回更新。有料版では一日4回更新」みたいに具体的な数字が出ているわけじゃないので、このへんは正直よくわかりません。

まあ、私の経験から言うと、正直無料版でも別に問題のないレベルではなかろうかと。

広告

無料版ではちらほらと広告が出てきますが、有料版ではそれがなくなります。が、正直、「マネーフォワード」の広告はそこまでウザくないレベルなので、これも無料版で問題なし。イラっとする全面広告?ポップアップ広告?みたいなやつ出てこんし。まあ、今後出てくる可能性はありますけどね。2020年1月の時点では問題なし。

その他

あとは、資産の内訳と推移、負債の内訳と推移、家計診断、CSVダウンロードなど、細かい機能がごちゃごちゃありますが(失礼な)、正直、別にいらなくね?って感じですね。もっと正確に表現すると、「この機能を入れるために500円を払う価値はない」って感じでしょうか。

ここまでのまとめ

結論を言えば、無料版で十分です。ですが、有料版も気になるっていう人は、とりあえず30日間無料で試してみて、その間にどうするか判断すればいいかと思いますよ。いろいろググってみたところ、やっぱり「無料版でおk」って感じですねー、全体的には。参考までに。↓

マネーフォワード有料版はおすすめできる?無料版との違いについて徹底解説
マネーフォワードの無料版と有料版の違いについてお調べでしょうか? 無料版でもある程度は十分な機能を利用できますが、有料版であれば、より高度な機能を利用できます。 有料版では月額500円なので、そのコストに対してメリットがあるかどうかをしっかりと理解した上で申し込まないといけません。 ここでは、マネーフォワード有料版につ...
マネーフォワード プレミアム会員になるべきか | 早期退職への道
はじめに 複数の銀行や証券会社等の残高や入出金等の履歴を一括管理でき、資産や収支を把握する上で便利なアカウントアグリゲーションサービス。 マネールックやマネーツリー、人生通帳等があるが、私は「マネーフォワード」を使っている。 対応している金融機関等の数が最も多く、使い勝手もよいからだ。 さて、このマネーフォワードには有...

この記事のまとめ

①家計簿が続かないっていう人には、家計簿をつける手間を極限まで減らすことが大事。②家計簿つける手間をとにかく減らしたい人には、家計簿アプリ「マネーフォワード」&ALLカード払い、がおすすめ
③「マネーフォワード」は無料版で十分。有料版を使う必要なし。
Sponsored Links
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow