自宅で楽しく運動不足を解消したい人のための「けん玉のすゝめ」

いわゆる「けん玉」
いわゆる「けん玉」

世の中の、運動不足で悩めるすべての忙しい人たちへ。とりわけ、自宅で楽しく運動不足を解消したいすべての人たちへ。

具体的には、

①忙しくて外で運動する時間がない。家で楽しく気軽に運動不足を解消したい
②運動してみたいけれど、楽しめるものがない、モチベーションが維持できない
③運動はしてみたいけれど、あんまりお金はかけたくない

そんな風に悩めるすべての人たちへ。

この記事は、自宅で楽しく運動不足を解消している私が激しくけん玉をおススメする「けん玉のすゝめ」です。

Sponsored Links
Simplicityのレクタングル広告(大)

目次(もくじ)

忙しくて運動する時間がない。ほんとは家で楽しく運動不足を解消したいんだけど…

仕事に家事に子育て…。忙しくって忙しくって、全然運動できーん!…なんて人いませんか?ほんとは外で散歩したり走ったり、社会人サークルみたいなやつに入って運動したりしてストレス発散したいんだけれども、なかなかそれができん…なんて人いませんか?

私もそんな悩みを抱えている人間の一人です笑。っていうのも、平日の仕事、朝夕の保育園への子どもの送り迎え、家事、休みの日の子守り…的なことをやっとったら、なかなかまとまった時間が取れないので。強いて言えば、仕事の日は家から最寄りの駅まで、駅から職場までは毎日歩いてるんで(行き帰りで一日30分くらい)、それが運動っちゃ運動なんかもしれません。

建物の6階に私のデスクがあるんですが、そこまではエレベーター使わずに階段使ってるしね。あとは保育園への子どもの送り迎え。子どもの荷物持たんといけんし、特に週始めと週末はもれなく子ども二人分の布団がついてくるし。なんなら子どもっていう特大荷物までついてくるし(笑)。ちなみにこれは「抱っこ」ってことですよー。案外、子どもに関わることは大変な「運動」なんかもしれません。

ただ、個人的には日常生活以外の場面で「運動した―っっ!!」って言えるようなことをしてみたいんです。しかも、私は今書いたように仕事・家事・育児でほとんど一日が終わっちゃうんで、運動不足を「外に出て」解消するんじゃなくって、「自宅で」解消したいんです。家で運動できれば、ほんの少しの隙間時間を使ってなんかすることができるからねー。

ってことで、こっから先は「まとまった時間が取れない人が自宅で楽しく運動不足を解消」するうえで、少なからぬ人が直面するであろう悩みについて考えてみますね。

あんまりお金はかけたくない

運動不足を解消したいと思った時、とっても大事なことがあります。それは「あんまりお金をかけずに済むこと」こと。

いくら家でできるようなことでも、いくら楽しくてやる気が保てることでも、それが例えば、「このVRヘッドセットとこのルームランナーがあれば、家にいながら、世界中どこでも、タイムズスクエアでもワイキキビーチでもナミブ砂漠でも、あなたの好きなところを好きなように走ることができますよ!楽しく痩せられること間違いなし!!あ、ちなみにお値段は¥998,000になります!!!」だったら困りますよね(笑)。

正直言うと、今私が思いつきとひらめきで書いたこの「世界中どこでもルームランナー」ですけど、もしもこれができたら、一度でいいからやってみたい!!!!

つまり、コストをかけずにできるものであること、これもとっても大事な条件なんですね(富裕層は除く笑)。

ただ注意したいのは、世の中には稀にこんな人がいるっていうこと。それは「ドカンと大金をぶち込んでみて、あえてそこから逃げられない『背水の陣』を敷いてやるんだーっ!」っていう人。さっきの例で言うと、VRヘッドセットとルームランナーに¥998,000をつぎ込んでしまって、「もうこれは決して無駄にはできない!やるしかないんだー!!」っていう意気込みで運動不足解消に臨む人のことですね。

正直、とってもうらやましいです。だってこの人、それだけお金持ってる人なんだもん。…ただ、私はこのやり方はお勧めしません。このやり方は、エレン・イェーガー(進撃の巨人)のような強靭な精神力の持ち主のみが成しえる業だと思っているからです。そんな人でなければさしずめ、大金をぶち込んだことへの後悔の念に押しつぶされて、VRを顔に着けて泣きながらエッフェル塔の下を走ることになるでしょう。…ウケる。

楽しめるものがない、モチベーションが維持できない

運動不足を解消するうえでとても大切なこと、まだまだありますよー。それは運動を「楽しめる」こと。そして「モチベーション(意欲・やる気)を保てる」ことです。

いくら効果的・効率的に痩せられるって聞いても、それがそもそも「楽しめない」ものだったら意味ありませんもんね。実は私、数年前に「筋トレ」をやってた時期がありました。これは、腹筋とか腕立て伏せとか体幹トレーニングとか、いわゆる「筋トレ」でした。でも、これは長くは続かなかったんですねー、残念ながら。さすがに三日坊主ではなかったような気がしますが、どうでしょう…一ヶ月坊主、くらいでしたかね(笑)。

なぜかというと、「筋トレ」が楽しめなかったんです、私。いうなれば「苦行」「拷問」って感じでしょうか?さすがに「拷問」は言い過ぎかもしれませんが。例えば「今日は腕立てが20回できた!」とか「体幹トレーニングが2分続いた!!」みたいに、目標を立ててそれにご褒美をつけたりすれば、多少は違った結果になったかもしれません。

でも、たぶん、私が今思うに、私に「筋トレ」は合わなかったんです。そうとしか言えません。だから、もう筋トレはやりません(笑)。…何が言いたかったんかというと、運動をするときは、「自分に合った」もので、なおかつ「楽しめる」もので、「モチベーションが維持できる」ものじゃないとダメなんですな。

家が狭くてものの置き場がない

運動不足を自宅で解消しようとするとき、道具の「コンパクトさ」「携帯性」は外せません!

家で運動するのはいいけれど、「もの」が大きくって家の中に収まらんっ!ってことになったら困っちゃいますよね笑。例えばわが家なんかは4人暮らしで2DK(狭っ!)なんで、さっきのルームランナーなんて置けっこないんですね、はなっから。っていうか、そんなルームランナー買う大金あったら、まずは広い家に引っ越してやるし!

ということで、わが家のような猫の額ほどの広さの家に住んでいるあなたに、「お金がそんなにかからない」「楽しいことこの上なし」「場所を取らない」とっておきの運動不足解消アイテムをご紹介します!

悩めるあなたに「けん玉のすゝめ」

私がおススメするとっておきの運動不足解消アイテム、それは「けん玉」!!!

今から私は、こんな私でもハマってしまったけん玉の魅力を鼻血を出しながら鼻血を出すくらいの勢いで熱弁しようと思います!!!

「けん玉」の楽しさ・達成感はハンパない!

けん玉が「はじめまして」の人はまず「大皿」に挑むんじゃないかと思うんですが、この「はじめまして」の「大皿」が案外なかなか難しい…。「まぐれ」でできることはあるかもしれんけど、それを「狙って」やるのが難しい…(詳しくは後述)。自分なりに試行錯誤したり、周りの人から「もっとひざ使ってみてー」とか「1・2・3のリズムでねー」なんて言われながら四苦八苦してると、あら、なんということでしょう、できるようになったではありませんか(ビフォーアフター風)!…って感じだと思うんです。けん玉の技って。この感覚って「大皿」に限らず、「ふりけん」とか「灯台」とか「一回転灯台」とか、その後どんどん技が難しくなっていっても基本的には同じだと思うんですよねー。

この、なかなか決まらない技の練習で四苦八苦、七転八倒、阿鼻叫喚の無間地獄(言い過ぎ)を味わった末に突然技が決まった瞬間の「あ。…えっ?…やったー!!!!」って感覚。この感覚、たまらん♡。

これを味わいたくて私はけん玉をやってると言っても、決して過言ではありません。そして、「それまで決まらなかった技ができるように練習している」「決まらなかった技が決まるようになったらめちゃ嬉しい」って意味では、10級の人も3段の人もみーんな「同じ土俵」の上に立ってるわけです。「嫌われる勇気」的に言うと、みんな同じ地平の上をひたすら前に向かって歩いているのです。そこに優劣はなく、10級の人も3段の人もみんな「同じではないけど対等な」存在なんですねー。まぁ、これはスポーツとか芸術とか仕事とか、あらゆることに言えると思うんですけど。

つまるところ、私が何を伝えたかったんかというと、「けん玉」の楽しさ・達成感はハンパない!そして「けん玉」の初心者も上級者もみんな対等な存在だから、「できない」「やったことない」なんて気にせずに、とりあえず「大皿」やってみようぜ!ってことです。

「けん玉」で鍛えられる体と脳!

「けん玉したら、なんかいいことあるん?」

運動不足で悩んでる人にとっては、ここが一番気になるかもしれません。さっきも書きましたけど、けん玉で難しい技にぶち当たって四苦八苦しながら練習してると、「気づいたら1時間経ってた」なんてざらにあるんですね。これ、つまり「気づいたら1時間体を動かし続けてた」ってこと。これ、ヤバくない?私、「気づいたら1時間筋トレしてました」なんてこと、まずなかったよ笑?けん玉に夢中になれるってことは、それだけ体をたくさん動かせちゃうわけですね。

私なんかは月イチでけん玉教室に通ってるんですが、ひざの使い方を意識しながら2時間練習した次の日なんて、太ももが筋肉痛になりますからね。運動した翌日に筋肉痛になるあたり、私もまだ若いっ(笑)!

けん玉が体と脳に与えるよい影響について、ちょっとまとめてみました。

30分けん玉をすれば1時間歩いたカロリーと同じくらいの消費量!

まずけん玉が痩せやすいというのは消費カロリーが苦にならずに増やせられる点で、なんと歩いてダイエットをした場合の、半分の時間で同じくらいの効果が味わえます。2kmを歩いた場合は180kcalくらいになるのですが、けん玉なら30分続けたら達成されてしまうでしょう。

もちろんこれはけん玉を続ける方法によってそれぞれ変わってきますが、上記のようにスクワットを加えた方法なら、さらに消費カロリーは増えていきます。30分と聞くと長く感じますが、けん玉をやっていると意外に楽しいので、時間がたつのを忘れてしまうでしょう。ですからあっという間にダイエットができているわけです。

何をしても落ちなかった膝上のお肉はけん玉ダイエットで消化!

体幹が鍛えられる!

腕や手を器用に使うためには、体の中心部分である体幹が安定していることがポイントです。けん玉の場合、手を使っている間はずっと体幹筋を働かせ、体の安定を図っておく必要があります。それを繰り返すことで、知らず知らずのうちに腹筋の力が強くなってきます。腹筋は姿勢の安定に重要な役割があることから、腹筋が強くなることで姿勢が良くなることにつながるのです。

昔懐かし「けん玉」効果!体幹を鍛え学習能力を発達させる健康ポイントと上達方法

手と目の協調性が発達する!

何か手を使った作業を行うとき、二つの情報が脳に入ります。一つは「目から入る情報(視覚刺激)」、もう一つは「手から入る情報(体性感覚刺激)」です。「手を見て作業する」ことで、二つの刺激が同時に脳に入ります。けん玉ではしっかり目で見ながら手を動かすという動作をしますが、これが手と目を上手く連携(協調)させて、働かせるという学習になるのです。この練習は、手先の器用さにつながります。

昔懐かし「けん玉」効果!体幹を鍛え学習能力を発達させる健康ポイントと上達方法

ってな感じ。ここで言いたかったのはつまり、「けん玉」をやったら体も頭もどっちも鍛えられますよーってこと。どうですか?少しは興味が湧いてきましたか?

「けん玉」のコンパクトさ・携帯性は最強!

けん玉のコンパクトさ・携帯性には誰も文句言えないでしょう!いや、あの展示用のけん玉とかパフォーマンス用のでっかいけん玉じゃなくって、普通のけん玉の話。wwwこれはけん玉に触ったことがない人だって、なんとなくでも分かるはず!!

けん玉がどのくらい場所を取らないものなんかって言えば、これは例えば、会社のオフィス・駅のホーム・電車の中でできちゃうレベル(すべて私の実体験)。さすがに「飛行機」とか「ふりけん」とか、「玉・けんを前方にふり出す」系の技はちと厳しい場合がありますが、「灯台」とか「うらふりけん」とかジャグリングの練習とか、垂直の動きがメインの技なら練習できますよー。

あと必要なのは、周りの奇異な視線をものともしない強靭な精神力(笑)。ってのは半分冗談で、意外と周りの人は気にしてません、私の場合は。他には、子どもちゃんが外に遊びに行くのについてって、そこで練習するとかね。私は家のすぐ外とか広い公園とかに子どもと一緒に行って、半分子どもを見ながら、半分けん玉の練習をしてますよー。

けん玉の「コンパクトさ」「携帯性」は最強です!!!

「けん玉」は安い!

まず最初に断わっておきますが、これから私が紹介するけん玉は、数百円で売ってるようなものじゃありません(詳しくは後述)。上を見上げれば、1万円を超えるものもあります。でも、1500円出せば間違いなく「ちゃんとしたけん玉」を手に入れることができます(なにが「ちゃんとしたけん玉」なのかについては後述)!さらに3000円出せば、1ランク上のけん玉が買えます!!さらにさらに4000円出せば、もっと選択肢が広がって、おしゃれで高機能ないろんなけん玉が買えるようになります。

って言っても、「けん玉始めよっかなー」って人に4000円の出費は痛すぎますから(いててて…)、てか私もそんな高いけん玉はまだ買ったことないんで、まずは1500円くらいのやつを買って様子を見ることをお勧めします!新品で1500円程度のけん玉なら、使用頻度とメンテナンス具合にもよりますが、少なくとも1年間、長ければ数年間は使うことができるはずです。

ちなみにけん玉の「寿命」を判断する材料としては、けん先のすり減り具合(けん先がすり減ると、けんに玉を刺す技が難しくなる)、玉と胴皿のへこみ具合、あとはけんが割れたとか折れたとか(そんなことあるんかな?)、そんなあたりでしょうか。

私が「けん玉」を始めたきっかけ

これは蛇足ですんで、興味ない人はすっ飛ばしちゃってください。

私がけん玉を始めたのは2018年の8月だったと思います。

当時のことを振り返ると、その頃の私は運動不足に悩んでました。当時は(今も)別に太ってたわけじゃなかったんですが、ただ漠然と「運動したいなぁ…。運動せんとヤバいなぁ…。」って思ってました。っていうのも、私、中学校から大学まで何かしら体育会系の部活(サークル)に入ってたんです。軟式野球部(中学校)、自転車競技部(高校)、少林寺拳法部(大学)って感じで。

ちなみに、私は体育会系の道をずっと歩んできたものの、運動するのが好きなだけで決して得意なわけではありません。「好きと得意」は違います。私の場合は下手の横好き、そんな感じです笑。

話を元に戻すと、運動が得意ではないが好きな私にとって、社会人になってから数年間運動不足の生活を続けてきたのは結構なストレスでした。ほんとは「社会人になったら空いた時間に、大学でやってた少林寺拳法の続きしよ♪」なんて考えてたんですが、そんなの甘い甘い!!!ただでさえ仕事と家事・育児で疲れてるのに、その上運動だなんてとんでもございません!

「仕事・家事・子育てで疲れるってことは、つまりそれが運動なんじゃないの?」なんてツッコミが来るかもしれませんが、そういうことじゃないんだなー、これが。私は運動を「楽しんで」やりたいわけで、仕事・家事・育児なんて「楽しんで」やれる代物じゃないからね(笑)。

そこで私は探しました。毎日毎日通勤電車の中で、「運動不足 解消」とか「社会人 サークル 広島」グーグルに打ち込んでね。そしたら、一つのサークルを見つけました。それは初心者歓迎のフットサルサークル!即日私はサークルの主催者に連絡を取って、次回の練習会に参加することになったのです。練習会当日、期待に胸を躍らせて私は練習会場に行きました。そしたら、周りの参加者のガチな格好たるや…。スパイクもソックスもパンツもガチ!翻って私はといえば、まずスパイク持ってないし、なんなら普通の外行きのスニーカーだし笑。ジャージもTシャツも普通のやつだし。www

「来るんじゃなかった…」と思ったものの、せっかくここまで来て踵を返すわけにもいかず、がんばってフットサルやってみました。ところがどっこい、私、何を隠そうサッカーがど下手なんです。高校の体育の授業でリフティングの回数を測ったことがあったんですが、記録はまさかの「0回」。手からボールを離して一回蹴ったら、ボールがどっか行って「終了」です笑。そんな私にフットサルなんかできるはずもなく…。

ところが悲しいかな、初心者歓迎が売りのサークルですから、周りのガチな経験者さんはなんと自分でゴールを決めずに、「あとはボールに足を合わせるだけでゴールよー♪」的な超おいしいyummy!なパスばっかりを私なんぞによこしてくれるのです。そして、そのパスをことごとく決められない私(笑)。この「牛一頭から100gしか取れない希少なお肉をいとも簡単に捨てる」ような失態の連続に、この日は周りの人の優しさがかえって辛かった一日でした…。そしてこの日以来、一度もフットサルサークルには参加してません笑。

こんなに運動神経のない私ですが、それでも、体を動かすことそれ自体は好きなのです。だから、リフティング0回の記録を持ちながらもフットサルをやろうだなんていう酔狂なことを考えるのです。そして、そんな私でもハマるほど楽しかったのが「けん玉」なのです!!!って言ったら、「おっ?けん玉やろうかな?」なんて少しは思ってくれたりしてね。

こっから先は、今の話を聞いて「んー…けん玉かぁ。どうしよっかな?ちょっとだけ気になるんじゃけど…。じゃあ具体的に、初心者がけん玉を自宅で楽しもうと思ったら、どうしたらいいん?」って思ってくれた人だけ読んでくだされ。

なにしろ、こっから先はけん玉のことしか書いとらんので(笑)。

どんなけん玉を選べばいいの?

「ちゃんとしたけん玉」を選ぶべし!

何事もはじめが肝心!特にけん玉選びなんて大事大事!!だって、自分の相棒になってくれる一本をあまたある中から選ぶんですもの。

そこで悩むんですよねー。「なんにしよ?」って。まず、どんな目的でけん玉をする人にも言えることですが、100均とか300均とかで売ってる、いわゆる「おもちゃのけん玉」を買うのはやめましょう。あ、中古品(メルカリとかヤフオクとかで売ってるやつ)は別ですよ。中古なら、安くてもいいやつありますから。これは、あくまでも新品のけん玉を買おうとする時の話です。

やっぱり「おもちゃのけん玉」はすぐに壊れるし、軽すぎるし、何しろ面白くありません。そしてそして何よりも、自分の周りにいるけん玉プレイヤーはおそらく、いや間違いなく、「おもちゃのけん玉」を使ってはいないはず!例えば、これからけん玉を練習しようと思ったら、YouTubeにはたくさん教則用の動画がUPされてるんで、そういうのを見ながら練習することができます。私もよくそういう動画を見て練習してます。でも、動画に映ってるけん玉って、どれもこれも「ちゃんとしたけん玉」なんですよね。…表現の仕方に迷いましたけど、ここではあえて「ちゃんとした」けん玉って書いときます。

他にも、これからけん玉をやりだしたら、いずれ練習会とか認定会とか、そんなやつに参加する機会もあると思います。そこで周りのけん玉プレイヤーが使ってるのは、間違いなく「ちゃんとしたけん玉」のはず!!

だから、けん玉をこれから始めようと思ったら、周りの人たちと同じ土俵に乗るって意味でも、「おもちゃのけん玉」じゃなくって「ちゃんとしたけん玉」を買いましょう!!!

どんなけん玉が「ちゃんとしたけん玉」なの?

私の体験とネットの情報をもとにすると、けん玉を始めようとする人は、大きく二種類に分かれるんじゃないかと思います。

それは、「純粋にけん玉を楽しみたい人」と、「日本けん玉教会の認定試験を受けて級段位を取りたい人」です。こっから先は、それぞれのタイプごとに「どんなけん玉を選んだらいいのか」を書いていこうと思います。

純粋にけん玉を楽しみたい人は、おしゃれで技が決まりやすいものを!

けん玉と言えば、ぱっと想像するのがあの赤い玉のけん玉でしょう。…私だけかもしれませんけど(笑)。

いわゆる「けん玉」

いわゆる「けん玉」

でも、最近は時代が変わっていて、おしゃれなけん玉がたーくさんあるんですよ、それが!例えばこんな感じ!!

View this post on Instagram

KEN -kendama shopping store-さん(@dreamkendama)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Kendama Shop Yume.さん(@kendamashopyume)がシェアした投稿

どうですか!?おしゃれでしょー?これを見て「かわいい!…なんか欲しくなってきちゃったかも?」なんて思い始めたなら、ゴールまであともうちょっとですよ笑!!

なんでもそうですけど、「見た目から入る」って大事ですもんね。ちなみに、上の写真に写ってたけん玉は、(おそらく)すべて海外メーカー製です。けん玉って日本発の遊び(スポーツ?)、なんて印象が私にはあったんですけど、意外とそうでもないんですよね。最近はいわゆる「ストリートけん玉」が流行ってるんですけど、これって実はアメリカから日本に逆輸入されたもの(KENDAMA)なんですよ!

だから、けん玉関連の動画をYouTubeとかインスタグラムなんかで調べると、国内外のプレイヤーのエクストリームな動画が見つかったりします。

もちろん日本のけん玉メーカーもすばらしいけん玉をたくさん作ってるんですが、実は海外メーカー製のこれまたすばらしいけん玉が、世の中にはたくさんあるんですよ。

私が知ってる有名どころで言うと、KROM KENDAMAとかKENDAMAUSAとかSWEETS KENDAMASとか。ほんとにおしゃれなけん玉(通称「しゃれけん」。たった今、私が命名しました(笑)。もうすでに誰かが使ってたらごめんなさいね)だらけです!ちなみに私が持ってるけん玉は「山形工房 大空(青色)」なんですが(しゃれけんではない)、欲を言うとこれとは別に「しゃれけん」がほしいのです(笑)。

だから、「『しゃれけん』で技を楽しみたい」って人は、ぜひそっち方面のけん玉を探してみてくだされ!!

「しゃれけん」には、技が決まりやすいものが多い!!

けん玉にはいろんな規格があって、日本けん玉協会の認定試験で使うことができる「認定けん玉」ってのも、一つの規格なんです。ちなみに、私が持ってる「山形工房 大空(青色)」も認定けん玉の一つです。

私の周りにはこの認定けん玉を持ってる人がけっこういるんで、私の目線でけん玉を規格別に分けると、「認定けん玉」と「それ以外のけん玉」に分かれるんですね。で、さっき紹介した「しゃれけん」はすべて、認定けん玉ではない「それ以外のけん玉」に入ります。もちろん、「認定けん玉」は全部が全部おしゃれじゃない、って訳じゃあありませんが、少なくとも私に言わせれば、「認定けん玉」よりも「それ以外のけん玉」の方が1万倍おしゃれ!だから、「けん玉」はデザインこそ命!って思う人は、ぜひ「しゃれけん」を探してみてくだされ!

ここで「認定けん玉」と「それ以外のけん玉」って何が違うん?って話になるんですけど、めちゃくちゃ端的に説明すると、「それ以外のけん玉」は「認定けん玉」よりも技が決まりやすい!つまり、「しゃれけん」は「認定けん玉」よりも技が決まりやすいんですね。具体的に説明すると、例えば玉の穴の大きさとか。実は「認定けん玉」の穴よりも「それ以外のけん玉」の方が、穴が若干大きめに作られていることが多いんです。

穴が大きかったら何かいいことがあるんかっていうと、これがあるんですなー。穴が大きいと、「けん先に穴を入れる技」もしくは「穴にけん先を刺す技」が格段に決めやすくなります!!!例えば、やさしいところで言うと「とめけん(Spike)」とか「飛行機(Airplane)」とか。難しいけどかっこいいところで言うと、「ダウンスパイク(down-spike)(天中殺)」とか「すくいけん(Stuntplane)」とか。

これ、「ダウンスパイク」の動画なんですけど、めちゃかっこよくないですか!?とくにあの、けん先を玉に突き刺した時の「カチャッ」っていう気持ちい音とか!

かっこいい「ストリートけん玉」系の動画をいろいろ見てみると分かるんですが、いろんな人が技の最後にこの「ダウンスパイク」を決めてます!!習得するにはちと時間がかかりますが、できるとカッコいいですよー!モテますよー(よく分からんけど笑)!!とにもかくにも、この「『ダウンスパイク』カッコいい!」っていう憧れが、私がけん玉人生を歩むうえで大きな原動力になってることは間違いありません!!!

他にも「認定けん玉」より決めやすい技、あるんですよ!例えば「灯台(Lighthouse)」とか「月面着陸(Lunar)」とか。こっち系の技って玉の上に皿を乗せるんですけど、「それ以外のけん玉」だと玉にラバー加工(玉の表面にゴムが貼ってあるって感じ?)が施してあって、皿が滑りにくくなってるものも多いです。

ここで私が言いたかったのは、「なんとなく、これからけん玉を始めたいなぁ…」って人には、とりあえず「認定けん玉じゃないけん玉の方が、おしゃれでいろんな技が決まりやすいから楽しいですよー」ってこと。

日本けん玉協会の級段位を取りたい人は、「認定けん玉」を!

けん玉界には「認定試験」なるものがあります。これは、公益社団法人日本けん玉協会がおこなっている試験で、10級から始まってなんと10段まであります。ちなみに私は、この間1級になったばっかりです。

日本けん玉協会の「認定試験」に出てくる種目の一覧

日本けん玉協会の「認定試験」に出てくる種目の一覧

この日本けん玉協会って組織は、けん玉プレイヤーの中では言わずと知れたけん玉界の権威(Authority)であります。

ちょっくら歴史の話になりますが、日本けん玉協会は1975年に設立されて(意外と歴史あるんだねー)、けん玉の伝承・普及・技術の向上に努めてきました。けん玉の技術を向上させようと思ったら、やっぱり、みんなに技のテストをして技の難易度でレベル分けしないと、つまんないですよねー。って訳でできたのが「認定試験(正式には「級段位認定会」って呼ぶそうです)」なんです。

この「認定試験」、全国津々浦々でやってるもので、私もそんな「認定試験」を受けている者の一人なんですね。私を含めてけん玉プレイヤーの中には、この「認定試験」を受けながらレベルアップしたい!けん玉を楽しみたい!って人がけっこういます。

ってな感じで「認定試験を受けたい」って考えてる人には、とりあえず「認定けん玉」をおすすめします!日本けん玉協会が「認定」したけん玉だから「認定けん玉」。

なんでこの「認定けん玉」がおすすめなんかって言うと、日本けん玉協会の認定試験を受けようとすると、「認定けん玉」じゃない「それ以外のけん玉」は使えないからなんです…。

No way!…Oh,my God!!

ちなみに「認定けん玉」かどうかを見極めるには、けん玉の中皿あたりに「日本けん玉協会 認定品」的なシールが貼ってあるかどうかを見てくだされ。

「認定けんだま」の認定シール

「認定けんだま」の認定シール

このシールが貼ってあったら、それは「認定けん玉」です!

あ、「それ以外のけん玉」に勝手にシールを貼ったらダメですよ。認定試験を受けるときに怒られますから。この「認定けん玉」ってのが、日本けん玉協会のお墨付きをもらった「選ばれしけん玉」にのみ与えられる称号なんですねー。「認定けん玉」のお墨付きをもらうためには、サイズとか作り方とか、いろいろ厳しい決まりがあるみたいです。

この「認定けん玉」の超有名どころが、さっきも紹介した「山形工房」ってメーカーの「大空」ってブランドなんですね。私が見聞きする限り、今「認定けん玉」を使ってる人のほとんどがこの「大空」を使ってます。↓

View this post on Instagram

Kendama Shop Yume.さん(@kendamashopyume)がシェアした投稿

「山形工房」以外の「認定けん玉」だと、「Yumu Kendama」「幻冬舎 STARS」「池田工業社 こだま」「タミワ玩具 TK16シリーズ」、そのあたりでしょうか。もっと詳しく知りたい人は、あとは「認定けん玉」でググってくだされ笑。ちなみに、私が一番おしゃれだと思う認定けん玉は、「Yumu Kendama」でございます。

さっき書いたように、「認定けん玉」は「それ以外のけん玉」に比べて技が決まりにくいです。…っていうか、逆に「それ以外のけん玉」が、「認定けん玉」よりも技が決まりやすく作ってあるんじゃけどね(笑)。

んなもんで、「認定けん玉の方が技が決まりにくい」っていうよりも、「認定けん玉がスタンダードで、それ以外のけん玉の方が技が決まりやすい」って考えてもらった方がよいかと。

認定けん玉って、皿の形状からけんの形状から紐を通す穴の位置まで、細部にとことんこだわって作りこまれたけん玉なんで。だから、実はむちゃくちゃ優秀なけん玉なんですよ(なぜ上から目線?)!

ちなみに私が使ってるけん玉、「大空」ブランドの中では最廉価版なんですが、玉がめっちゃくちゃ滑ります。玉の滑ることこの上なし、「灯台」を決めんとするにいとむずかし(?)。つまり「灯台」を決めることの難しさたるやハンパありません。使い込んでいくうちに玉と皿が適度に凸凹してきて、だんだんと決めやすくはなりますが。

…逆に言っちゃうと、この「大空」で「灯台」を習得したらもう無双です。鬼に金棒、カープに長野、です(何を言ってるんだかよく分かりません)。

とにかく、「けん玉はじめたいなぁ…。どうせ始めるんなら、認定試験でも受けてみようかな…」ってちらっとでも脳裏をよぎったなら、「店員さーん!とりあえず生で!!」的なノリで「とりあえず認定けん玉で!!」始めるのが無難だと思います。

現れたNewWave、「GLOKEN」の「けん玉検定」も要チェック!!!

けん玉界で技の練度を測る試験と言えば、日本けん玉協会の「認定試験」が当たり前でした。…が今、けん玉界は新しい時代に突入しようとしています。その新しい時代を率いる(ことになると思う)のが、「GLOKEN」!!!

「GLOKEN」とは、一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク(Global Kendamas Network)の通称(略称?)です。

さっき紹介した日本けん玉協会と何が違うんでしょう?超ざっくり言うと、日本けん玉協会が「日本国内へのけん玉の普及と、技術の向上」を理念として掲げているのに対して、GLOKENは「世界へのけん玉の普及と、『遊び』ながら『楽しめる』けん玉文化の発展」を目指しています。さすがGLOKEN!グローバルなだけに、視野の広さが違います。あと、「遊び」とか「楽しめる」って要素が入ってるのが「ミソ」なのです。

この「GLOKEN」、2012年に設立されたけっこう「できたてホヤホヤ」な組織なんですが、時流に乗って現在のけん玉界に広く浸透しつつあります。けん玉発祥の地、広島県廿日市(はつかいち)市で「けん玉ワールドカップ」っていう大会が2014年から毎年開かれているんですが、これを主催しているのがこのGLOKENなんです。私も一度はお目にかかってみたい!

そしてつい最近、2018年12月1日からGLOKENが満を持して取り組み始めたのが、「けん玉検定」なんですねー。

この「けん玉検定」、日本けん玉協会の「認定試験」とは全く似て非なるもので(何しろ主催する組織が違いますからね)、「けん玉の技術練度を測るテスト・レベル分け」って意味では一緒なんですが、その中身はいろいろ違います。

こっちはGLOKENの「けん玉検定」に出てくる技の一覧。いろいろ違うのが分かりますか?

こっちはGLOKENの「けん玉検定」に出てくる技の一覧。いろいろ違うのが分かりますか?

ぶっちゃけ言うと、「認定試験」よりもけっこうルールが緩いです。

レベルの分け方とか、それぞれのレベルに課される技の種類とかももちろん違うんですが(ちなみに、さっきの「ダウンスパイク」が出てくるのは「けん玉検定」だけ。「認定試験」には出てきません)、私が一番大きな違いだなぁと感じるのは、ずばり、テストで使えるけん玉の種類ですねー。さっきも書いたように、日本けん玉協会の「認定試験」では「認定けん玉」しか使えなかったんですが、なんと、GLOKENの「けん玉検定」では、「使用するけん玉は問いません『けん玉検定のルール』より引用)」。

…Oh,my God(さっきとは違う意味で)!!!

ちなみに、「けん玉検定」の雰囲気はこんな感じ。

View this post on Instagram

Global Kendamas Networkさん(@gloken_dama)がシェアした投稿

…どうですか、楽しそうでしょ?なんで「けん玉検定」のルールが「認定試験」より緩いんかっていうと、おそらくは、GLOKENがけん玉を「楽しめる遊び」だと捉えてるからじゃないでしょうか。あんまりルールがキツいと楽しくないしね。その点、日本けん玉協会の中でのけん玉は、どっちかっていうと「礼儀作法に則った『けん玉道』」って感じがしています。何事もきっちりかっちりって感じ。

…脱線したので話を元に戻すと、つまり、この「けん玉検定」を受けることができる環境なら、わざわざ「認定けん玉」にこだわる理由はないんですよねー。あ、「いやいや、『認定試験』を受けたいんだー!」って人は別ですよ。「認定けん玉にこだわる必要はない」ってのは、ざっくりと「けん玉のテストを受けてレベルアップしたいなー」って人向けのメッセージです。そのへんは誤解なきよう。

ただ、残念なことに、この「けん玉検定」が受けられるのは、この記事を書いてる時点でまだ全国に25か所なんですよねー。正確に調べたわけじゃありませんが、「認定試験」に比べて受験できる地域は限られそうです。ちなみに、わが祖国広島県はさすがけん玉発祥の地というだけあって、県内4か所で「けん玉検定」が受けられます。

事情が許す方はぜひ、この「けん玉検定」も要チェック!!!

けん玉が手に入ったら、「とりあえず」やってみよう!!!

マイけん玉が手に入ったら、もう運動不足は解消できたも同然(…ではありませんが、かなり近づいてますよー)!物事を始めるにあたって、最初の一歩を踏み出したらもう目標の7割は達成していると申しますので…。

そしたら、「とりあえず」けん玉やってみましょー!!この「とりあえず」ってとーっても大事なキーワードです。

昔の私のように、大枚はたいて買ってきた新作の「桃鉄11」(TVゲーム「桃太郎電鉄11」のこと)をやるぞ!って時にとりあえず「桃鉄」の取説に目を通すんじゃなくって、「とりあえず」桃鉄をやってみるのです。「赤マスに停まったらどうなる」とか「貧乏神がブラックボンビーになったらどうなる」とか、そんなことはあとから覚えりゃいい!そんな感じですねー笑(どんな感じやねん)。

さて、まずは「大皿(Big cup)」から!千里の道も一歩から!ポケモンマスターへの道も、まずは4Lvのポッポを倒すところから!!「けん玉」の最初は「大皿」から!!!ちなみにこの「大皿」は、「認定試験」で言うと「10級」、「けん玉検定」で言うと「ベーシック3級」の最初に来る技ですね。

千里の道も一歩から!まずは「大皿」やってみましょー!

千里の道も一歩から!まずは「大皿」やってみましょー!

この「大皿」、きほんの「き」の技なんですが、未経験者にとったらこれがなかなか難しい…。だいたい半年ほど前のことですが、私にとっての初めてのけん玉もこの「大皿」からでした。今でも覚えてますけど、なかなか玉が大皿に乗りませんでした…。玉を皿に乗せるのがなんでこんなに難しいんかって言ったら、それは、「ひざ」を使わずに「腕」だけで玉をあげようとしたからなんですよねー。

けん玉って、「ひざ」の使い方が「ミソ」なんです、実は!

…とまあ、そんなことは気にせずに、「とりあえず」大皿やってみましょう。「大皿」できたら感動しますよ、いやマジで!だってけん玉に触ったことのない人なら、まぐれでもない限りできないことですから。

「大皿」ができたら、次は「中皿(Base cup)」。その次は「小皿(Small cup)」。その次は「とめけん(Spike)」…。技はどんどん難しくなっていきますけど、その分どんどん面白くなってくるし、どんどんやりたくなってくるはず!技ごとの細かいハウツーはここでは書きませんから(そんなの書いてたら何万文字書いても足りん!ってか、私、説明下手なんでできません…)、あとはYouTube見てくだされ。一人で練習するときはめちゃくちゃ参考になるし、めちゃくちゃ分かりやすい動画が山のようにあるんで(投げやり?)。

…まあ、「とりあえず」やってみましょう!けん玉を!!

けん玉を長ーく楽しむために、地域のけん玉のサークル・イベントに参加しよう!

けん玉人生の大きな大きな一歩を「とりあえず」踏み出したあなたには、けん玉のサークル・イベントに参加してみることを激しくお勧めします。けん玉のサークル・イベントってのは、例えば地域のけん玉教室・けん玉サークルとか、けん玉大会とか、認定試験・けん玉検定をやってるイベントとか。これらのサークル・イベントに参加してどんないいことがあるんかというと、大きく分けて三つあります。

Youtubeだけでは分からない(理解しきれない)技の細かーいコツを教えてもらえる!

さっき書いたように、私はよくYoutube見ながらけん玉の練習してるんですが、残念ながらYoutubeだけだと分からない部分もたくさんあるんですなー、これが。ところが、けん玉教室なんかに行ってけん玉のうまい人にコツを訊くと、いろいろと教えてくれるんですよ、これが。そしたら、技の習得がグーンと早くなること間違いなし!

自分自身の「癖」を直すことができる!

私みたいにほとんど独学でけん玉やってると、ところどころに変な「癖」が出てきちゃいます。例えば、「とめけん」やるときにけん先がなぜか傾いちゃうとか、「ふりけん」やるときに変に力入れてけんを返しちゃうとか。これもYoutubeだけじゃ直せないんですなー。

だって、Youtubeってけん玉の「コツ」は教えてくれるけど、私の「癖」までは教えてくれんけーね(当たり前か…)。そこで頼りになるのが、私たちの地域に住んでるけん玉名人たち!この人たちなら、自分では分からない自分自身の「癖」を教えてくれます!ほら、またひとつけん玉の上達が早くなったでしょ。

仲間がいれば、やる気が出る!けん玉が楽しくなる!!

自分以外にけん玉に打ち込む仲間がいる。

これ、けっこうでかいですよー!!何事もそうかもしれませんが、自分以外に仲間がいればやる気が出ます!励みになります!それは、人によっては競い合う「ライバル」かもしれんし、月イチでお話ができる「おしゃべり仲間」かもしれんし、あこがれの「けん玉名人」かもしれんし…。

けん玉仲間にはいろんな「形」があると思いますけど、共通して言えるのは、その誰もが「同じけん玉をたしなむ仲間」なんですよねー。この、「自分が周りの人たちに混じって同じけん玉やってるんだー」って感覚、うまく言葉では表現できませんけど、めちゃくちゃやる気出るし、けん玉が楽しくなる感覚だと思っています。

ってことで、案ずるより生むが易し。けん玉を「とりあえず」はじめたあかつきには、「とりあえず」地域のけん玉のサークル・イベントに参加してみましょー(参加費として100円から数百円かかる場合が多いです)!ちなみに、「認定試験」とか「けん玉認定」は、無理して出なくてもいいですよ。あくまでもけん玉を楽しむための手段だと思って。

「受けてみたーいっ!」って思ったときに受けましょう。えっ?「うちの近所のどこで、そんなけん玉イベントやっとるん?」だって?じゃあ、とりあえず「○○(自分の住んでる地域名) けん玉」でググってみましょ!きっとなにか見つかります。

キーワードは「とりあえず」で!!

私の場合の身近なサークル

これは私の場合なんですが、わが祖国広島県は東広島市にある広島大学、そこに「DAMAけん」というけん玉サークルがあります。この「DAMAけん」は学内で毎週活動する傍ら、地域の人を対象にした「DAMA道場(確かこんな名前)」っていうけん玉教室を月イチで開いてるんですね。他には、保育園とか地域の交流施設とかに「出前教室」もやってます。

私は基本的にこの「DAMA道場」に月イチで通って、練習したり認定試験を受けたりしてるわけです。あ、そうそう。「DAMAけん」のメンバーの方々は、日本けん玉協会の認定試験をやることができるんですよー(2級指導員とかなんとかいうライセンスを持っています)。

他には、さっきも書いたけん玉発祥の地、広島県廿日市市。ここに世にも珍しいけん玉専門店「Kendama Shop Yume」っていうお店があります。すごい、さすが廿日市!!このお店、けん玉がたくさん置いてあるのはもちろんなんですが、な・なんと、店内でけん玉の練習ができちゃうんですー!パチパチパチ!!ここも月イチでけん玉教室をやってるんで、けん玉を練習したい!けん玉の技を教えてもらいたい!!なーんて人にお勧めのお店でございまっせ。

さらにさらに、廿日市市のお隣、広島市にもありますよー、けん玉専門店。その名も「KEN -Kendama shopping store-」。ここでもけん玉教室(広島けん玉Jam)やってます。ちなみにちなみに、今紹介した
「Kendama Shop Yume」と「KEN -Kendama shopping store-」は、どちらもGLOKENの「けん玉検定」が受けられる数少ない場所なんです。さすがけん玉王国、広島!!!

継続は力なり!!!

最後に私が言いたいのは、「継続は力なり」

このブログでもけん玉でも、なんでもそうなんです。さっき「案ずるより産むが易し」って言いましたけど、私に言わせれば「案ずるより産むが易し。産むより継続するは難し」。物事はスタートアップした時点でもう7割完成してる、らしいですけど、残りの3割の結果を左右するのが「継続できるかどうか」なんじゃないかなー、なんて、この記事を書きながら考えてみたりしました。

でも、もしも「けん玉」を「面白い!楽しい!!」と思えたなら、継続するのも楽なはず!!!

いざ、「けん玉」を通して、自宅で楽しく運動不足の解消を!!!!

Sponsored Links
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow